和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

作品 永井荷風 「日和下駄」   2022年8月20日

永井荷風 『 日和下駄 』

『日和下駄』は大正3年8月 (1914年) ~翌年6月まで三田文学に掲載された。荷風は生涯東京にこだわり続けた作家であり、また時代によって醜悪に変貌していく東京を鋭く指摘しており、その本質は今日に至るも些かも価値を失っていない。荷風が指摘した事が、今日も更に加速しており猥雑な国籍不明の都市と化している。

荷風が東京の特に下町を丹念に歩いているのには今更ながら驚く。