和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

ニューイヤー2019 宮殿祝賀コンサート

東京文化会館大ホールにて開催

指揮はイタリア生れのサンドロ・クレウレーロ。1990年彼が設立したウインナー・ワルツ・オーケストラを率いての20回目の来日公演である。私が足を運ぶのはこれが4回目で例年通りのプログラムであった。

スッペの「軽騎兵」序曲で始まり、トリッケ・トラッチポルカ「山賊のギャロップ」「皇帝円舞曲」「こうもり序曲」ポルカ「雷鳴と稲妻」等、シュトラウスの曲が続いてワルツ「美しき青きドナウ」で締め括った。

アンコールに応えての3曲目、ヴァイオリンのシャンドル・ヤヴォルカイとチェロのアダム・セヴォルカイの兄弟が、舞台の前に出て、ハイドンのパッサカリアの演奏で、それまでの軽い曲続きでややマンネリ化した聴衆の空気を引き締めたとみるまに終盤に至って突然テクニックの極限ともみられる。超絶技法を駆使した演奏が始まり最後はチェロとバイオリンの掛け合いとなり、聴衆を驚かせかつ魅了した。このアンコール曲を聴くだけで、コンサートホールに足を運んだ甲斐があったと云うべきであった。

尚スロヴァキア出身のパトリシア・ソロトウルコヴァのソプラノはやや声が太すぎて透明感に欠けたが声量はあり、舞台栄えのスタイルはまことにオペラ向きで、さだめしカルメンを歌わせたらまさにピッタリと思わせた。