和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

第7回大時代錯誤展

11/24・25日に文京区千駄木の国登録有形文化財「島薗家住宅」にてにて7回目となる大時代錯誤展が7団体及個人の共催で開かれた。

日本橋の竹細工を取扱う「花筥」からの案内である展示販売であるが内容は竹を使ったオブジェや平安時代の大壺、現代の漆器や陶芸の作品等時代を越えて多様であった。

会場の島薗家住宅は1932年島薗順雄の結婚を機に建てられ、「和洋並置式」である。しかし、この建物は相続税の関係からかこの後の存続が危ぶまれているとの事であった。