和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

京都姉小路で墨のパフォーマンス

1.来年の干支「亥」を隷書で書く。

   2m x 3mの画仙紙だが、3年目の今年は姉小路在住の「山中青緑堂」の山中祥吾

     氏によって既に掛け軸に仕立てられていた。さて、今年書く来年の干支「亥」の余白

     部分は例年通り参加者が思い思いの文字を墨書した。

 

     昨年の作品「狗」は1年間「ひと・まち交流館 京都」(注)の中にある「景観・ま

   ちづくりセンター」に展示されており、一昨年の作品「鳳」は姉小路界隈まちづくり

   協議会」事務局の隣のギャラリーに展示されている。

      (注)京都市下京区西木町上の口上る梅湊町83番地の1(河原町5条下る東側)

   平成30年11月10日 来年の干支「亥」を書く

 平成29年のパフォーマンス 「狗」。上記「ひと・まち交流館京都」に飾られている

    

       平成28年 墨のパフォーマンス「鳳」

                 

                  平成29年の一年間 「ひと・まち交流館 京都」の2階から吊り下げ

      飾られた書「鳳」

             

                 姉小路 地図

2.姉小路界隈は姉小路通りを中心に寺町、烏丸、御池、三条の各通りに囲また地域で、

  繁華街に近い街の中心にあって、さまざまな生業を営む老舗と小さな町家を含む、

  低層住宅が建ち並ぶまちである。

 

3.姉小路界隈に点在する老舗の文人・墨客の手になる「看板」に着目した「看板に似

  合うまちづくり」をコンセプトにして発足した「姉小路界隈を考える会」は設立23

  年を迎える。建設協定や地区計画といった独自のルール作り、新築を含め修景事業 

  を始めとする数々の実践、風情溢れる町並みを育てるという高い志をもって活動し

  てきた。

.今回の路上パフォーマンスは姉小路通りを14:00~16:00まで封鎖し、警察官が

  2名立って車の進入を制御している。また京都市環境政策局から課長、係長の2名

  が職務として参加した。これは京都の行政が「考える会」の活動に前向きに協力し

  ている姿勢を良く示している。

 

.翻ってみると我が葛飾区では区の施設であるシンフォニーヒルズにおいて「葛飾美

  術会」が要請した建物前のエントランス前の空き地に墨のパフォーマンスの許可を

  申請して却下されている。 京都市の姿勢との大きな差を痛感した。

 

.押し寄せる事業利益優先のビルの建設は古い街並みを守る鬩ぎ合いの中で、地元の

  住民の懸命な努力によって辛うじて古き良き京都の景観が守られているのだと実感

  した。