和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

硯の話 その10

硯の話 その10 
明代の歙州石井田硯 1-51
安徽省に産する。「歙石は龍尾渓に生ず。その石は堅勁、大抵は発墨す。故に前世は多くこれを用い、金星を以って貴と為せり。手を以ってこれを磨するに索々として鋒鋩あるもの尤も佳なり」とある。歙州硯は端渓硯と並んで2大名石である。1-51