和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

硯の話 その12 (完)

硯の話 その12
雲漢七星硯。
東京プリンスホテルで例年開催される骨董市で、もう20年以上に亘って催されており、友人が出店していることもあり毎年欠かさず参加している。

その骨董市で馴染みの硯店で大西洞水厳の七星硯を勧められた。硯面は温潤ですこぶる

石質が良く、鸜(谷に鳥)眼ークヨクガンーとみられる眼が7個並んでいる。大西洞は既に閉鎖しており、現存する大西洞硯も数は少なく、仲々お目にかゝる事の稀な硯であった。長さ22cm、5.9kgの堂々たるもので、こんな硯が未だ市中にあったのだとの感が深い。(1~303)