和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

私と落語 (Ⅴ) 3代目三遊亭 円歌

私と落語(Ⅴ)3代目 三遊亭 円歌 

歌奴時代「山のアナ、アナ」で知られる「授業中」でフィーバーし、後年円歌となってからも高座に上ると客から「山のアナ」をやれとよく声が掛かったという。

 

生来の浪曲好きから自作の「浪曲社長」を始めとした新作落語を中心として活躍したが、その極めつきが「中沢家の人々」である。

円歌自身の家族の話で、自分の両親、先妻の両親、そして料亭の女将である2番目の細君の両親計6人を引き取って共に一つ屋根の下で暮らした日常生活(老人達の)を噺としたもの、で老人達の生活は見方によっては老惨を曝すことになる為に、老人虐待ではないかとの批判も受けたそうである。

 

しかし老人達の日常生活を良く観察しリアルであるからこそ、客観的に聴くと真に面白い。