和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

柴又グランドで打上げ花火 

江戸川の河川敷で花火は打ち上げられた。観客は夏草の生い繁る堤防の坂に座って観賞するのだが、東京では例年先頭を切って行われ、規模は大きくないが見物客は多い。
今回は新葛飾橋を渡って松戸のゴルフ場内で見物した。

10年程前は数人しか見物人は居なかったが、今回は2~3百人が集まっていた。奇麗な芝生に寝ころがってのんびりと観る事が出来、川面に映る風情もあって、すこぶる楽しい場所である。

 

例年南西の太平洋からの海風が吹いて、松戸側は煙も渡ってこず、煙で花火が妨げられる事もないのだが、今年は始まって40分過ぎた8時頃から南東の風に変って、松戸側に煙が流れて、花火の塵も降って来た。あっと云う間に付近は煙に包まれたが、それでも尚、これ以上ない状況で楽しむ事が出来た。

気が付けば30年以上に亘って殆んど毎年参加している。