和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

6月10日 国会前大行動

戦争させない、9条壊すな、総がかり行動実行委員会主催、9条の会外21団体が共同して雨の中2万7千人の人々が集った。

政党も立憲民主党福山哲郎幹事長、共産党小池書記局長、社民党吉田党首が登壇し、決意表明は10数人の各団体の代表が立ち、各人が安倍政権の無法振りを生々しく語った。

  集会の感想は
1.昔は多かった労働組合組織の参加が少なくなったこと。
2.若者の参加が少ない事。
3.集会で必ず繰り返される政治的に方向付けに誘導するようなシュプレヒコール
  には参加する個人、個人の意志を尊重する観点から見ると何となく違和感を覚え
  るのは私だけであろうか。

私達は家族等6名で参加した。