和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

ロシア大使館でコンサートを聴く

レセプション大ホールでのコンサートに家族5人が山田みどりさんから招待された。
第一部10曲 第二部11曲 緒方麻衣のバレエ付である。

オペラのアリア、オペレッタ、イタリア民謡である。歌手には天野加代子(メゾソプラノ)、アレクセイ・コサレフ(テノール)でこの日の為にドイツから急きょ来日。

コサレフの高音の伸びと高音に移る際の甘さが美しく、何と言っても声量がが素晴らしく200人程の参加者のテンションも一気にあがって感嘆の声があがった。

特に「トウランドット」の「誰も寝てはならぬ」が嵌っており、イタリア民謡の3曲に至ってはリラックスしてのりのりとなり会場を沸かせた。
天野は年齢の為もあってが声量が乏しく、ピアノはこれを考慮して音を抑えるべきであ
ったのではと思った。
ロシア大使館の中に入る機会は滅多にあるものではない。又ロシア初代大使夫妻も顔を
見せていた。