和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

一日見学ツアーに参加

1. 迎賓館  赤坂離宮
かって紀州徳川家の江戸屋敷の跡地に明治32年洋風の東宮御所を建設する事になり、

明治42年に完成したもので、日本唯一のネオ・バロック様式の建物である。
昭和42年赤坂離宮を改修して迎賓館とする事とし、昭和49年完成、創建当時の離宮本館、正門、主庭の噴水池が国宝に指定されている。


建坪1566坪の内部はアンビール様式(帝政)の「彩鸞の間」アンリー2世様式の「花鳥の間」、フランス18世紀の古典様式の「羽衣の間」、同様式の「朝日の間」コリント様式の大円柱が並ぶ、2階大ホール、イタリア産大理石が張られた中央階段が公開されている。総てがフランス古典様式が中心となっており、館内には藤田嗣治の「犬を抱く女性

と楽士」、小磯良平等5点程が飾られていた。

 



 

2.東京タワー第2展望台から下界をみる。


3.  築地の市場の先日の

      火災の焼跡をみる。

4.東京都美術館の「ボストン美術館の至宝展」をみる。

 19世紀フランス絵画、中国美術、アメリカ絵画、版画、写真、現代美術等の計80点

 の展示である。特に印象深かったのは

   イ)周 李常の「施財貧者図」南宋時代 12世紀

   ロ)陳容の「九龍図巻」13世紀

   ハ)曾我蕭白の「風仙図屏風」が素晴らしい。これををみることが

     出来たのは大収穫であった。