和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂の個展のご案内

「和田 大諷 金泥の世界」開催決定

2021年の個展は(2021年4月)新型コロナウィルス感染防止の為延期となり、新たな開催予定が決まりました。

  2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

  時間 午前11時~午後 6時 

    最終日は 午後 5時 迄

 

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

東京美術俱楽部 正札市

毎年恒例となっている。7月第1週の土・日の正札市である。

正札市とは展示された商品に値札がついており、その値札を客が予め美術俱楽部の組合

員である出入りの骨董商から売約済の札を引き替えに正札を受け取り、後に清算する仕

組みの事である。


今回も圧倒的に茶道具が多く8割を超えていたようである。
年々出品される作品のレベルが下ってくるようで、特に掛け軸にそれは顕著で、日本画

も、油絵もこれはと思わせるものは見当らない。

唯一「青龍堂」から出されていた香月泰男の「牛と人間」がシベリアシリーズと時期を

同じくした時に描かれたのが、一際目を引いた。


正札市は30年以上ほぼ毎年見る続けてきた。

それにしても木造3階建ての旧館の頃の方が出品作も今よりも遥かに充実しており、

楽しかったように思われた。