和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

「中村蘭台一門篆刻展」 みる

銀座鳩居堂にて開催

 

初世蘭台は高田緑雲に師事し、緑雲調の作風であったが木印を好んで刻した。

二世蘭台は父に学び、工芸的要素を持ち込んだ独得な作品をつくり出した。

30年程前に御岳の川合王堂記念館で王堂作品に二世蘭台の刻した雅印をみて、強い印象を受けた。繊細で華麗な作風は今回の作品「丹砂如前」「石榴子」「晁湖」等でも相変わらずの美しさであった。

 

しかし一門の作品群は、何か画一化しているようで物足りなさを感じた。

何よりも作品名・作者名の墨書が一様に下手すぎるのは一体何とした事であろうか、葛飾の篆刻家の石井雙石の書があれほど美しかったのにとつい思い出してしまった。