和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

洗心細字書作展

有楽町朝日ギャラリーにて126作品、半紙以下

洗心は新倉禾亭氏が作りあげたもので氏は細字の名手として著名である。禾扇氏は娘で2代目。

会長の新倉氏と

恒香会書展 鳩居堂3F 計41作品 仮名 7回展

日本現代工芸美術展みる

東京都美術館

友人の佐々木信也氏の作品

卵の殻を砕いて貼り付けて漆を塗り、研ぎ出していると思われる。根気のいる仕事である。美しい。全体は展示の数があまりに多く疲れた。

茶の湯展

日本現代工芸美術館 平成館

牧谿の三幅を始めとし利休の消息等の掛軸や長次郎の茶陶、光悦の作品等、多数の展示あり、丹念に見ると3時間程はかかる充実振りであった。