和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

佐々木漆芸店訪問

佐藤光洋さんに誘われて、渡辺、岡田氏同行し佐々木さん宅訪問した。

佐々木さんは漆器類の卸業を永く営んでいたが、バブル崩壊の頃から売上が激減して今は形だけの営業をしているとの事であったが、家の中は漆器(箸・椀等)で溢れており、他に象牙の製品等多くの工芸品の拾集品があり、それぞれのいきさつ等の説明も合せて3時間を超える時間に亘った。

葛飾にもこのような人物が存在しているのを知って、誠に楽しい時間であった。

重箱、茶托、お盆、椀など全く買う人達は居ないそうで、生活文化のレベルが急速に下落してきているのを改めて痛感したのである。