和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

北千住の成田屋酒店

北千住の成田屋酒店に酒を注文したが、満足する品が少なく入荷を待って発送を依頼した。

従来愛飲していた広島の旭鳳は

土居亨杜氏が退社したうえ社長

死亡が重なって今後の見通しが

たたず。

愛媛の名門梅錦が長年続いた酒蔵を閉じる事となった。梅錦は我が家の冷蔵庫に1992年に醸した限定1000本の媛の愛幻味純米大吟醸2本と1985年に醸した大吟醸が宝物のように残っている。

石川県の菊姫に名杜氏と謳われた農口氏は既に隠居しており、個性ある日本酒は失われ

つゝあるのは日本酒好きにとって誠に悲しい事である。