和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

都知事選における党紀の保持について

各級議員(親族など含む)が非推薦の候補を応援した場合は、党規律並びに都連規則、賞罰規定に基づき、除名などの処分の対象になりますとの文書を発表した。

(自民党都連会長石原伸晃氏)。

まず第一に自党が推薦した前前知事、前知事が信じがたい不祥事で辞職に追い込まれた総括もないまま、今日を迎えていること、第二に各級議員を拘束することは是としても親族等の自由を拘束することは憲法で保証する言論の自由を否定するものであり、断じて受け入れられないものである。

又親族等の等とは一体誰を指すのであろうか。そもそも党紀違反から言えば、小池百合子氏をそのままにして、各級議員のみを党議拘束にかけるのは一貫性に著しく欠ける対応と云うべきである。