和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

葛飾の美術家展

福田千恵氏の作品
福田千恵氏の作品

第25回記念展 13日~22日開催

絵画、工芸等47名の作品が並んだ。芸術院会員の福田千恵氏、人間国宝の小宮康考氏の江戸小紋を始めとして例年以上の力作揃いであった。14日には「墨のパフォーマンス」で大諷が隷書の大字を書く実演を披露し80人以上がこれを見物した。20日は吉原義人刀匠による「日本刀の世界」の講演が開かれ210人の参加者をみて盛況であった。全体として充実した展覧会で入場者は2800人。

出展作品 多聞天立像

墨のパフォーマンス 隷書大字


墨のパフォーマンス

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Miko (火曜日, 14 6月 2016 14:52)

    素晴らしい!!
    さりげない爽やかな動きから心と墨の一体感が伝わってきました.
    先生の墨のパフォーマンスが私に与えてくれたもの それは深〜い感動かもしれません.ありがとうございます.