和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

目黒川、隅田川クルーズ

東京は22度、曇りではあったが桜見物を川から見るコースである。楽水橋を経て新東

海橋から目黒川に入り昭和橋、州崎橋、品川橋あたりまでユリカモメと川鵜が集まって、潮の香りもしていたが、東海橋、御嶽橋に至ると水は臭気を放っていた。


お目当ての桜は2~3分咲きだが、人出は予想以上であった。目黒川の治岸に建ち並ぶ
建物は多くが21世紀に入って建設されたものゝようで、大半が総硝子張り、何の規則
性もなく各々バラバラで統一感もまるでない。

ヒートアイランド対応との事で、各建物の向きもまちまち、見た目の美しさは考慮され

ていない。大地震が起ったら、あっと云う間にガラスの瓦礫の山となるであろう。

脆く無機質で、実在感なく、人の息吹きの感じられない街となっていた。


あたかも過去の歴史も伝統も無視して突き進む日本の政治、社会を映し出しているようで
あった。