和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

参院予算委員会 林経産相答弁 勉強不足露呈

3月15日の参院予算委員会で林経済相の答弁をめぐって紛糾。
使用済みの核燃料の処分問題や、再処理等拠出金法案等の質問に林氏は全く答弁出来ず

に職員からその都度説明を受けていた為に審議は度々中断、勉強不足の自覚はあるかとたゞされると「ございます」と答えた。

 

更に同日の衆院では石破創生大臣が、地域再生法改正案の趣旨説明を読み上げたが、

全文を読んだあと野党から指摘を受け、正しい法案の説明書を読み直した。

前代未聞の珍事である。

 

昨今の閣僚を始めとして自民党甘利氏の口利き、高市氏の言論弾圧発言、丸川氏の1ミ

リシーベルト発言、ハボマイの知らない担当大臣、「匿名は認められない質問やめろ」

のヤジ、不倫議員、など枚挙に遑がない体たらくで完全に箍(タガ)が外れている。