和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

衆院予算委員会から高市総務相の電波停止の可能性発言、丸川環境相、島尻沖縄北方担当大臣の見過ごせない問題

総務相高市早苗氏は衆院予算委員会で放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと

判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命ずる可能性に言及した。 更に10日の衆院予算委員会で安倍首相は高市氏の答弁を追認した。

 

日本の放送行政は欧米と異なり、政府から独立した機関ではなく、大臣が直接担当する。
政治的公平は判定不能で、測ることは出来ないものだ。

これを大臣が判断するとすれば明らかに表現の自由への侵害となるのは明らかである。

 

朝日川柳 2月10日付
「総務相将軍様となりにけり」

「わが党に与しておれば良い電波」と揶揄された。

 

同委員会で丸川環境相は除染などで国が長期目標としている年間追加被爆線量などで

1ミリシーベルトについて「何の科学的根拠もない」と発言したことを追及されて陳謝

したが、この発言は取り消されず、また島尻安伊子沖縄北方担当大臣に至っては9日の
記者会見で歯舞群島の歯舞の字が読めずに、手元のペーパーを読んだ際「千島、はぼ、
ええっと、なんだっけ」と言葉に詰まり、秘書官に耳うちされている。