和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

イクメン議員不倫疑惑???

2月10日発売の週刊文春にイクメン議員自民党の宮崎謙介氏の不倫疑惑が報じられた。
衆院予算委員会の後、報道陣の質問を振り切って弁明することなく逃げ出した宮崎氏は

9日早朝に所属する二階堂派の重鎮伊吹文明議員の自宅を訪問し、土下座して謝ったと伝えられる。
妻の出産6日前に自宅に女性タレントを泊めたと云うことだ。
自民党に蔓延する議員のレベル低下は目を覆うばかりで、字の読めない議員、常識外れの議員、憲法を読んだことのないであろう議員、勉強しない議員、育児休暇をとって不倫に走る議員、違法な金を貰って恬として恥じないなど多数の議員達に保守政治家としての矜恃はないのかと思わされる。