和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

豊田正子 記念フォーラム


葛飾区立 立石図書館にて 豊田正子没後五周年記念フォーラム。 


一部 講演 上野重光「墨田区と葛飾の間に」、添田直人「豊田正子は旅行が大好き」。
二部 映画上映「かあちゃん」。


1961年3月15日公開 新東宝作品 監督 中川信夫。

キャスト 伊藤雄之助(豊田ブリキ店)、望月優子(母)、二木てるみ(正子)。

映画は区画整理の為、一家は寺島町に転居、昭和4年の世界恐慌による不況で、下町の

職人の仕事も少なくなり、家賃を滞納、やがて電気も止められ、進退窮った一家は昭和

6年秋、月の奇麗な夜に家賃を踏み倒し、リヤカーに家財道具を積んで、四っ木橋を渡

って、四っ木に夜逃げする。四つ木には何が一家を待ち受けているか?

映画の中で正子を励ます歌としてラ・マルセイエーズが歌われる。(注)
 
(注)ラ・マルセイエーズは1792年フランスの対オーストリア宣戦が布告された知らせを聞いた大尉ルージェ・ド・リールが市長ディートリヒの懇請を受けて一夜で歌詞と曲

を作りあげた。
大意は「たて、祖国の若者たち、栄光の日は来た。暴虐の血まみれの軍旗がやってくる。
聞こえるだろう。至る所に残忍な兵隊の牛のようなうなり声が。

やつらは我々の女、子どもまで殺しにくる。武器をとれ、市民たち。そして編成だ。

さあ進軍だ。やつらのけがれた血を畑にぶち込もう」


現在のフランス国歌である。(正式に採用されたのは1875年第三共和制が安定してからである)