和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

水元公園菖蒲祭り 

梅雨の晴れ間 水元公園の菖蒲祭りを散策した。菖蒲の花は最終章。来年に期待。

これからはそこかしこに咲く紫陽花が美しい。

 

 お茶処で抹茶と干菓子戴く、名残の花菖蒲も又風情、悪くない。

 400円毎年の風物である。

 

 特設テントでは神代植物園からの助っ人の職員の方が公園の植物や生き物の疑問に

 答えてくれた。

 

 中央広場では小中学生の太鼓に鼓笛隊、吹奏楽が披露されていた。花の木小学校の

 「よさこいそうらん」はドボルザークの「新世界」で始まりお客さんの度肝を抜いた。