和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2021年鳩居堂の個展(2021年3月30日~4月4日予定)は延期となりました。新たな開催予定が決まりましたら

本ページにてお知らせ致します。

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

画廊3件みる

1.銀座ギャラリー美庵にて田上雅康個展

中心となる油絵の仏像を始め、花2枚、婦人像数枚で構成。水彩画もあった。若い頃に描いたという少女の肖像画に心ひかれた。作者は葛飾区美術会の会員。会場で同会員の佐藤光洋さんに出会った。

2.銀座鳩居堂4階 大東秀門社展 仮名中心26氏の作品で巻子も2巻。絵付きもあったが感心出来なかった絵はある程度出来が良くないと作品が壊れる。

3.同3階 清和選抜書展 36氏の作品で同様に仮名であり、4階に良く似た展示でここにも絵付きがあり、これはもっと良くない、絵が入らなければ良い作品なのに思われる残念。