和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

山田みどりさんよりロシア宗教博物館からの礼状受け取る

山田みどりさん来る。
お茶を点てゝもらう。茶杓は山田みどり自作の品である。
昨年5月サンクトペテルブルグのロシア国立宗教博物館に寄贈した源氏物語巻子一巻に対する感謝状で山田みどりさんが博物館から委託され持参された。

ーロシア国立宗教博物館ー  博物館の館長より
 心から尊敬する和田大諷様
国立宗教博物館は心から感謝致しております。何かと言えば戴きました手書きの巻子、掛け軸一本、世界で有名な日本の文学である源氏物語、伝統的な日本の漢字による芸術的な文字で書かれたものを戴きました。喜んで頂戴致しました。私達の基金に納めさせて戴きます。

ー ロシア国 国立宗教博物館財産課 ー 
  館長 R.A.ムシエンコ