和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

かみさん京都池坊花の祭典で出瓶

4月10日11日池坊六角堂道場の「春のいけばな展」に出瓶の機会を得た。京都ではロシアから戻ったばかりの山田みどりさん、蕎麦屋のわたつねさんご夫妻、佛絵師の佐藤みゆきさん(佛絵師名 佐藤玖朋さん)、姉小路界隈を考える会事務局長の谷口さんご家族に会う事が出来た。今年2月にお池通近い烏丸通りに新築されたNHKが目に留まった。帰りは大阪造幣局通り抜け行きの途中、藤田美術館で「組むたのしみ」と題した茶道具企画展を見学、通り抜けで咲き乱れるさくらをみて帰京。

六角堂と枝垂れさくら

生けこみを終えて

蕎麦処「わたつね」さんにて(左)奥さん、(中央)佛画師 佐藤玖朋さん

 生け終わった花の前で

谷口さんご家族に山田みどりさん

烏丸通りとお池通り角に新築のNHK

(上)造幣局 通り抜けのさくら並木で

(左)通り抜けの途中にある藤田美術館