和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

みちのくの仏像みる


東京国立博物館で1月14日~4月5日展示されている。
出品は福島、勝常寺の国宝薬師如来坐像及び両脇侍立像、重文8点計19点の展示である。中でも関東から東北に多くみられる鉈彫の聖観音が珍しい。東北に圧倒的に多くみられる鉄仏は、鉈彫の粗い木彫の仏像とは、どこかでつながっているようである。

岩手の天台寺のこの鉈彫の佛はその代表的優品である。