和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

雛飾り 2組

1組は京都の骨董店で求めたもので、江戸時代の有職雛である。傷みが激しく衣裳は洗い、女雛の髪飾り、扇、男雛位冠、刀、笏、衣裳の補修等京都の人形師に依頼し、見違える姿となった。

2組目は同様な経緯で手に入れたもので、箱書きに東京市日本橋区十軒店町、人形司永徳齊とあり、市町村制が公布されたのが1888年4月であることから明治初期の作であろうとおもわれる古今雛である。