和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

ロイヤルパークの耕雲亭で茶会

ロイヤルパークホテルの耕雲亭で茶会
当日は快晴、濃茶席の床には無限斉(1893~1964)の書「唯善以為宝」絵は奥谷秋石の宝珠である、香合は「二代道八」のお福、炉縁は昭和29年法隆寺の大改修の際の古材など充実していた。昨年亡くなった石井先生の友人柳川宗和さんの遺影を飾って故人を偲んだ。
薄茶席は昨年大諷の「佛画特別展」と茶室開きにロシアを訪問した思い出を、床に大諷の墨絵「月光菩薩」を配しロシアで見出した品々を茶碗、茶杓、棗、鉄瓶などの茶器に見立てゝ構成、楽しい茶会となった。客は80名程、主宰者側15~6名で3時に終了、5時無事撤収、席主は石井宗翠さん。