和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

ミハイロフスキー劇場バレエみる

東京国際フォーラム・ホールにてバレエ観劇(新春スペシャルから)出し物は第1部「くるみ割り人形」より第2幕 マーシャをアンナ・クリギナ、王子をアンドレ・ヤフニューク

第2部「白鳥の湖」より第2幕 オデットをアナスタシア・ソボレワ、ジークフリートをファルフ・ルジマトフ

第3部「ライモンダ」より第3幕 ライモンダを吉田都、騎士ジャン・ド・ブリエンスをデニス・マトヴィエンコで吉田都は優雅さに欠け、舞台栄えの点でいま一つの観があった。尚ミハイフロスキーバレエは元のレニングラードバレエである。

又、男性の踊り手の1人が何度も踊りの中でふらつきをみせた事や、白鳥の湖の衣装に違和感が感じられる等、不満が残った舞台であった。