和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂の個展のご案内

「和田 大諷 金泥の世界」開催決定

2021年の個展は(2021年4月)新型コロナウィルス感染防止の為延期となり、新たな開催予定が決まりました。

  2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

  時間 午前11時~午後 6時 

    最終日は 午後 5時 迄

 

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

東京都美術館にて「都展」みる

上野の東京都美術館にて50周年記念「都民」が開催された。(11月18日~11月24日まで)審査員の一人山本房江氏からの案内によって出掛ける。

会員の作品は340点余り。一般の作品は170点余合計5百を超える数で一通りみるだけで疲れる。

山本氏の作品は「シャボン玉とんだ」でやさしい絵であった。

隣は「日本版画会展」でこれも劣らずの作品数で、中に妻籠宿の「いこまや」の版画が懐かしかった。好みの作品は白黒のものが多く色を重ねることで版画の力強さが失われることがみられるようだった。