和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

日本国宝展みる

2014年10月15日~12月7日まで。正倉院宝物も11点特別出品されている。
約120点の国宝が集結、その壮観には圧倒される。特別出品の正倉院宝物の中に鶏毛立女屏風、楓蘇芳染螺鈿槽琵琶の展示が目を引いた。仏像は9点と少ないが目玉とみられる三千院の観音、勢至の菩薩二体で正座する佛像は極めて珍しいも

のである。しかし何といっても法隆寺の広目天が素晴らしい。日本最古の四天王で色彩の残りも見られる。今回の展示の多くが経文と絵巻物で源氏物語絵巻 柏木(二)は別格として、信貴山縁起絵巻、一遍上人伝絵巻、法然上人伝絵巻の絵、書は必見であり美しい。まともに充実した企画であった。