和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

伊豆長岡温泉 三養荘に泊まる

 三養荘は昭和4年岩崎弥太郎の長男久弥の別邸として、京都の庭師小川治兵衛の手によって造られた。4万2千坪の敷地に数寄屋造りの和風建築が建設されたものである。三養荘とは蘇東波の「三養訓」の由来するもの。

 

昭和22年に旅館「三養荘」として15棟にて営業開始。現在の新館は昭和63年、建築家村野藤吾の設計によりオーップンした。

しかし現在の「三養荘」の新館以外の老朽化が激しく、修繕の手もほとんど入れられておらず、庭園も荒れておりその凋落振りは痛ましい。又館内の飾り物もほとんどなく、客室の床の間には花も生けられていないことから旅館業の先行きも疑問が残るの現状である。