和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

東美アートフェア展みる

10月~19日 東京美術倶楽部にてアートフェアが開催された。

主要な美術骨董商が一堂に会して112店が出店。1、3、4階にて展示された。

竹籠の大口美術展より招待状を戴き、小西大閑堂、繭山籠泉堂、思文閣等優品揃いであった。

今回は何故か須田刻太の書と絵が何店かで出品しているのが目立った。また松本竣介(36歳で夭折)の婦人像の小品がさすがに素晴らしく目を引いた。値段も相当なもの。前回も展示されたいた古代エジプトの銅製の猫、銀化して極めて美しいもので今回は売れていた。又鎌倉時代の善光寺式の十一面観音の両手が失われ、頭上面も一面しか残っていないが、まことに惚れ惚れするような金銅佛も展示されていた。今回は特に充実した作品が多く見ごたえのあるアートフェアであった。