和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂の個展のご案内

「和田 大諷 金泥の世界」開催決定

2021年の個展は(2021年4月)新型コロナウィルス感染防止の為延期となり、新たな開催予定が決まりました。

  2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

  時間 午前11時~午後 6時 

    最終日は 午後 5時 迄

 

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

BS4chで橋本貴之氏「指輪コレクション」を放映

友人・宝官氏が全面的に編集に携わったHISTORIC RINGS
友人・宝官氏が全面的に編集に携わったHISTORIC RINGS

TV、BS4チャンネルでぶらぶら美術館を1時間に亘って放映した指輪の橋本貴之コレクションの870点のうち120点の展示である。

 

橋本氏は40年に亘って日本の古美術を中心にアジアの古美術を蒐集し、東京国立博物館等に寄贈してきた。1988年頃よりリングを集めることに集中し、クリステイーズ・サザビーズ等のオークションにカタログを頼りに入札参加。個人の収集としては世界有数の規模と内容のものとなった。

 

2008年4月20日から10月31日まで「箱根ガラスの森」にて毎日新聞社主催による、橋本貴之「特別展」が開催されて80余点が展示された。2012年に収集したリング総てが国立西洋美術館に寄贈が決まり、現在(870年に及ぶ収集品の中から120

点)が展示されている。

 

2004年9月「Histric Rings」が出版され、東京・ニューヨーク・ロンドンで発売された。編集に全面的に携わったのは我が友人の宝官優夫氏である。

 

 

過去に遡れば2002年2月17日、陰暦の2月28日の利休忌に因んで、橋本氏が永らく秘蔵していた土佐光起筆の利休立像の掛軸を持参。我家で開陳「利休像を見る会」として15人の参加者を得て楽しんだ事を思い出す。

2002年2月17日「利休像を見る会」中央が橋本氏
2002年2月17日「利休像を見る会」中央が橋本氏
土佐光起 利休立像
土佐光起 利休立像