和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

河原撫子ほか庭の花々咲く

河原撫子
河原撫子

河原撫子咲く

ナデシコ科の多年草

秋の七草の一

 

石崖に撫子 旅の妙な時間 加倉井秋を

南天の花
南天の花

南天の花

メギ科の常緑低木 緑起木として庭によく植えられる

 

花南天実るかたちをして重し 長谷川かな女

蕎麦菜
蕎麦菜

蕎麦菜(ソバナ)

ソバナをゆでる時にソバをゆでる時の香りがすることからこの名前がついたという説がある。ツリガネニンジンの仲間である。

萱草
萱草の花

萱草の花(カンゾウ)

ユリ科の多年草 古名:忘れ草

朽舟の沖は遠き日忘れ草 三木綾子

未央柳
未央柳

未央柳

オトギリソウ科の常緑低木

中国産 中国長安の「未央宮」にあった柳に基づく

 

未央柳咲き全色に婚ののし 嶋田麻紀

ほたる袋
ほたる袋