和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

庭の花々咲く

罌粟の花咲く

ケシ科の二手草、観賞用には虞美人草というヒナゲシがある。

 

芥子咲けばまぬがれがたく病みにけり

松本たかし

酢漿の花咲く(カタバミ)

カタバミ科の多年草

 

かたばみのさやはじけ飛ぶ砌(みぎり)かな

村上鬼城

姫女菀(ヒメジョオン)

キク科の多年草。明治始めに渡来 代表的な帰化植物

 

汝にいま人語注がれ姫女苑

楠本憲吉

八手にアブ

小手毬の花(コデマリ)

小手鞠の名はスイカズラ科の大手鞠に対してつけられたもの、古くは「鈴類」とも呼ばれた。

 

小でまりの花に風いで来りけり

久保田万太郎

満点星の花(ドウダン)

満点星の散る花触れてこぼれつぐ 橋本風車

鯛釣草

ケシ科の多年草 華鬘草のこと

仏堂四陣の桐干などにかける飾りのこと

 

ほとけにも九品の別やケマン草 清水