和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂の個展のご案内

「和田 大諷 金泥の世界」開催決定

2021年の個展は(2021年4月)新型コロナウィルス感染防止の為延期となり、新たな開催予定が決まりました。

  2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

  時間 午前11時~午後 6時 

    最終日は 午後 5時 迄

 

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

隅田川夜桜クルージング日帰りバスツアーに参加

4月5日 12:30 東京駅丸ビル前出発
千鳥ヶ淵~千鳥ヶ淵戦没者墓苑~靖国神社~浅草観音と仲見世~隅田川公園~夜桜クルージング とお花見満載コースである。桜はやや盛りを過ぎていたが、総じて晴れて暖かいことから人出はどこもピークで溢れていた。19時30分から45分間のクルージングが最後を飾ったが夜桜が見られたわけでなく、みどころはスカイツリーのみといったところ。船中で演歌歌手の川中美幸の若いころに似た浅草芸妓綾乃さんによる「奴さん」の踊りがあり参加者を楽しませる趣向があった。なお、今回は皇居の公開もされていたが乾門は閉ざされて、参加者を閉め出す結果となっていた。
浅草創業大正3年のかなや刷子店でウズクリと刷子を購入する。版画刷子は高額の為断念する。刷子専門店は東京に何店舗もない。