和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

東京芸大「観音の里の祈りとくらし展」みる

「長浜のホトケたち」 18点を見る。 琵琶湖東岸の地域に多く、今でも残る十一面観音の多くが優品揃いであり、何度も拝観に訪れたものである。今回の展示はいずれ劣らぬ素晴らしい佛像揃いで充分に堪能した。これだけの作品を集めて見ることが出来るのは滅多にない事で、まことに幸せな気分に浸ることが出来た。現地で拝観すれば数日を要することであろう。
そのあと谷中の大雄寺に寄って高橋泥舟(山岡鉄舟、勝海舟とともに幕末の三舟と呼ばれたひとり)の墓をみつけ、谷中の墓地では高橋お伝の墓も見つけた。

締めは日暮里のそば処「川むら」で食事。酒は3種類中でも鳳凰美田の封切吟醸酒を飲んだがこれが5年古酒で頗る美味。そばは鰊ソバを食して満足な夕食であった。