和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂の個展のご案内

2021年の個展は(2021年4月)新型コロナウィルス感染防止の為延期となり、新たな開催予定が決まりました。

  2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

  時間 午前11時~午後 7時 

    最終日は 午後 5時 迄

 

  

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

朝日新聞「天声人語」より

11月21日付 朝日新聞「天声人語」より
「特定秘密保護法案を取り扱う衆議院の委員会で速記が一時止まった。与党議員の出席が少なく、定足数割れの事態が生じたからだ。
又秘密の指定が恣意的にならないよう首相が「第三者機関的観点」からかかわるという。第三者とは当事者でない者を言う。
首相は当事者そのものであり、与党とみんなの党の合意はまさに黒を白と言いくるめる典型であるとの要旨で、首相を始め自民党の最近のやりようは目に余るものがる。」