和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

京都 「姉小路界隈を考える会」探訪

京都の三条と御池通りに挟まれた通りが「姉小路」。古い町家が軒を並べているが、付近の建物は高層のマンションが増えてきた。古都京都にも問題が発生している。

そこで「姉小路の住民達」が何とかしなければと1995年から運動が始まった。

ひょんな事からそんな運動を熱心に行っている方にお目にかかった。

 

この方谷口親平さん、よく伺えばいつもお世話になっている「わたつね」のご主人中塚さんとは小中学からの同級生とか幹事役も引き受けているとのこと。

姉小路の町つくりを写真でご紹介します。

 
 
 
姉小路界隈地区建築境地
姉小路界隈地区建築境地
ニュースを町の掲示板に貼って逐一報告
ニュースを町の掲示板に貼って逐一報告
姉小路の町家ギャラリーにて左中塚氏、と谷口氏
姉小路の町家ギャラリーにて左中塚氏、と谷口氏

古い建物も奇麗に修理した谷口邸
古い建物も奇麗に修理した谷口邸
毎月まちなかを歩く会があり楽しいイベントが開かれる
毎月まちなかを歩く会があり楽しいイベントが開かれる

わたつねの中塚さんと谷口さん小学校以来の幼馴染みとか
わたつねの中塚さんと谷口さん小学校以来の幼馴染みとか