和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

平家物語 巻第9 概要

永寿2年四国にあった平家は義仲軍を水島に、行家軍を室山に破って力を得、翌年旧都福原に復し、戦闘の備えを固める。一方頼朝から義仲追討の命を受けた関東軍が京に接近しつつあった。義仲の法住殿攻撃の暴神挙がその契機となっていた。義仲は平家に和議を申し出で、平家に上洛を促す。平家はその申し出を拒否。義仲自らは関東軍に備えて近江へ向けて出陣しようとした。関東軍は5万6千の大手範頼の軍、2万の義経軍が出陣しこれに対し安徳天皇と神器を擁して上洛し、義仲と組もうとしていた平宗盛は戸惑う。神器と先帝は依然として平家の手にあったのである。