和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

レオナール・フジタ展見る

レオナール・フジタ展
レオナール・フジタ展

渋谷の「Bunkamura ザ・ミュージアム」でフジタ展みる。

フジタの作品は21点と子供たちの「小さな職人たち」132点で153点。

 

他にアンリールソー、モジリアーニ各3点、スーティン、パスキン各2点キスリング1点とフジタと交友のあった画家達の作品も展示されていた。フジタの作品中「女眠る」と「横たわる裸婦」がとびぬけて素晴らしい。あの面相筆の線は神技である。

 

「小さな職人たち」は15センチ四方のパネルに描かれておりフジタのアトリエの壁に飾られていたものである。皆文句なく可愛い。

 

小さな職人たち 仕立屋
小さな職人たち 仕立屋