和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

桔梗、秋海棠、翁藪蘭、小葉擬宝珠、ペンタス 咲く

桔梗 キキキョウ科の多年草

 

修行者(スギョウザ)の径(コミチ)にめずる

               桔梗かな           蕪村

秋海棠 中国原産 シュウカイドウ科の多年草。日本へは江戸時代に渡来。

 

花伏して柄に朝日さす秋海棠  渡辺 水巴 

 翁藪蘭
(1) 翁藪蘭
ペンタス
(2) ペンタス

小葉擬宝珠
(3)小葉擬宝珠
ユリ オリエンタルハイブリット
(4)ユリ オリエンタルハイブリット

(1)翁藪蘭  ユリ科 径8mm前後の花被片6枚の平開する花が茎の上部にたくさんつき 花穂をつくる。 日中に咲き、夕方に閉じる。

 (2) ペンタス アカネ科 原生地:東アフリカ星形の花を花房状につけ咲きながら大きくなる。

 (3)小葉擬宝珠 ユリ科 ギボウシ属の総称

         石の窪雨をたたえし花ギボシ 勝又 一透

 (4) ユリ オリエンタルハイブリット 

日本に自生していたヤマユリ、カノコユリなどを親にしてヨーロッパなどで育種された。白花の’カサブランカ’に代表されるたくさんの品種がある。香りの非常に強い品種が多い。