和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

9月8日付日経新聞より 

ブエノスアイレス発  ”オリンピック最終プレゼンテーションで安倍首相が演説。東京電力福島第一原発の汚染水漏れ問題について触れ、汚染水の状況は制御出来ている。東京には今までも、これからも何のダメージもないと説明した” とある。

千葉県では各地で除染が行われ、都内各所で高濃度の数値が指摘され、東京湾から5kmの地点の江戸川からも同程度の数値が計測されている。これらを危険視するほどではと言う強弁が通ったとしても東京にダメージが無ければ良いということであろうか。福島は日本ではないとでもいう事であろうか。首相の亡国的な発言は断じて許しがたいといわざるを得ない。