和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

東大寺三月堂 月光菩薩描く (作品) 塑像 

東大寺 月光菩薩 塑像

現代は塑像とは粘土で造った彫刻の原型を意味するが乾燥すると収縮してひび割れを起こしやすく、やがて壊れてしまうことが多いが天平時代の塑像は土で作り、それだけで1200年を経た今日でも割れを生ずることなく今日に至っているのは、当初から土が吟味され工法に工夫が凝らされていたからに外ならない。

 

7~8世紀唐代に盛んに塑像がつくられ、その技法が日本に伝えられて天平彫刻の名品が多くつくられた。その代表的作品のなかの一つが東大寺三月堂の日光、月光菩薩で大きな唐風の宝髻を結い上げた、胸高に花型の飾りや襟の縁取り、帯などによる装飾をつけ腰紐は膝の前で飾り結びをしてたらしている。総じて高貴な女性を思わせるつくりになっており、巨大な群像9体に囲まれて本尊の両脇につつましく立っている。塑像の名品である。