和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂の個展は2021年3月30日(火)から4月4日(日)の予定です。

 

 

著作 

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

 

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

掛軸掛け替える

池大雅 菊図
池大雅 菊図

池大雅の菊図である。

江戸中期の南画家、書家で号は大雅堂、九霞山樵等多数、各地の旅行などで得た実景把握に基づく表現を室町水墨画や琳派などの日本画の伝統に立脚して奥深い空間、新鮮な色彩、のびやかな描線により独自性と風雅に富んだ作品を生み出した。