和田 大諷

東京都 葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作。

個展は都内、ひたちなか、米国のロスアンゼルス、ロシアのサンクトペテルブルグで開催、20数回に及ぶ。

過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

2022年鳩居堂「和田 大諷 金泥の世界」は終了いたしました。

本来2021年の個展(2021年4月)が新型コロナウィルス感染防止の為延期となり1年遅れて開催となったものです。2022年 4月 5日(火)~

      4月 10日(日)

 

   

著 書

 2014年2月

  「大諷の映画狂時代」

  2018年1月「大諷のへそ曲り

            読書日記」

  2019年7月  「大諷の観音の道」

  2020年11月  「大諷の無辺楽事」

  2021年11月「続 ・大諷の無辺楽事

         ボクシング編」

  2022年 目下制作中 8,9月頃予定

          和田大諷「金泥の世界 」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

十一面観音菩薩立像 奈良 聖林寺(作品)

聖林寺 十一面観音菩薩
聖林寺 十一面観音菩薩

8世紀後半、像高209.1cm 木心乾漆造 

天平彫刻として有名な奈良の聖林寺の十一面観音は奈良の大神神社(三輪明神)の若宮に安置されていたが慶応4年(1868年)神仏分離令が出され、これに伴って神社と佛寺の間に争いが起こり、さらに寺院、仏具、経文などの破壊運動が起こった。(廃仏毀釈)

このことにより破壊を恐れた大神神社は縁の下にこの十一面観音を放置していた。

聖林寺は見るにしのびなく荷車で自寺に運んで安置したものである。今では十一面観音は国宝に指定されている七体のうちの一体であり、火災を恐れてコンクリート造りの収蔵庫に入っておりガラス越しにしか拝観することが出来ない。