和田 大諷

東京葛飾区金町在住

佛画・書・刻字・篆刻を制作

20数回の個展を都内、ひたちなか、ロスアンゼルス、サンクトペテルブルグで開く。過去の個展は展示会の項目をご覧ください。

 

次回鳩居堂での個展は2019年4月2日(火)から7日(日)の予定です。

 テーマのひとつが「紫式部日記」を紺紙銀泥の巻子にまとめたもので、これまでの文字より半分の細字にして上・下を一巻に纏めることが出来た。

なお 恒例の東大名誉教授大場 秀章先生の講演内容も「紫式部日記」と植物がテーマとなります。

 

著作 2014年2月

    「大諷の映画狂時代」

   2018年1月「大諷のへそ曲り

     読書日記」

 

ボクシングは若い頃からのファンにして、頭の中に過去の試合やボクサーの名前が詰まっている。

毎週月曜日のTV観戦記の記事は公平な目での厳しい批評が面白い。世界戦代表的試合は殆ど欠かさずアップしています。

 

 

観音菩薩立像描く

法隆寺 観音菩薩立像
法隆寺 観音菩薩立像

法隆寺。像高37.6cm、中国唐時代作
頭上に八面を置き本面と合わせて九面観音と呼ばれている。頭上面を別伐製とする以外はすべて白檀の一木で彫出されている。頭、体部を始め、装身具、垂髪、天衣、持物から足下の蓮華まで精緻を極めた彫技で鏤刻され、像は古色に覆われて殆ど当初の素地色をあらわさないが、髪部に緑青、唇に朱を差し、ひげを墨で描いている他は彩色を用いていない。小像ながら本像が盛唐の檀像彫刻の善美を尽くした名品であることには疑いない。